オフィス 優しいあかり

オフィス優しいあかりからのお知らせ用ブログです。1月13日 絵本「優しいあかりにつつまれて」を発売しました。よろしくお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

絵本「優しいあかりにつつまれて」ご紹介②

絵本「優しいあかりにつつまれて」ご紹介①に続き、今回は寄稿文を一部抜粋してご紹介します。

たくさんの方々に寄稿文を書いていただきました。


女優 竹下景子さんより
『大きな災害によってお二人は運命のように出会い、こんなに優しい愛にあふれた本が誕生しました。これはひとつの奇跡です。』
『自分の悲しみも他人の悲しみも等しく受け入れ愛することができた時、その先にはきっと希望の光が見えてくるに違いありません。』


医師・作家 鎌田實さんより
『このあったかな絵本が、きっと悲しんでる人や、さびしい思いでいる人の心の支えになるような気がします。ステキな絵本に出あえてうれしかった。』

絵本作家 菊田まりこさんより
『どんな朝もどんな夜も、たくさんの祈りと、光かがやく希望の「あかり」が共にあります。あの日あの時のご自身もいつか、抱きしめてあげられる日がくるといいなと思っています。

音楽専科教諭 臼井真さん
『奇跡のような出会いの中で、お二人にしか創作できなかった絵本が、一人でも多くの方々にしあわせを運んでくれますように・・・祈りつつ。』

フリーライター 西岡研介さん
『震災で子供を失くした二人のママの心は、16年という歳月、そして宮城-兵庫間約645キロという距離を超えて出会い、結びつき、この絵本「優しいあかりにつつまれて」が生まれました。

精神科医 加藤寛さん
『ご家族の中でしょうくんの存在を、きちんと確認されているように感じ、そして、ちづさんの存在が支えになって東北のさおりさんが、少しずつ悲しみに向き合っていかれることを知り感銘を受けました。』


たくさんの方に寄稿していただき本当に感謝しています。
この寄稿文もたくさんの方に読んでもらえたら嬉しいなと思っています。


紹介③に続きます。

スポンサーサイト
[ 2014/01/14 01:25 ] 絵本について | TB(-) | CM(-)
プロフィール

オフィス 優しいあかり

Author:オフィス 優しいあかり
阪神淡路大震災と東日本大震災という二つの震災で私たちは大切な子どもと会うことができなくなりました。子どもたちがつなげてくれたこの出会いを大切にしたいと思い、2014/01/01「オフィス優しいあかり」をスタートさせました。

ご訪問ありがとうございます
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。